Home » 日本のお話 » 韓国キムチの変身

韓国キムチの変身

category : 日本のお話 2012.3.31 

日本の一般スーパーで売られているキムチと本来の韓国のキムチの味がとても違うということ、ご存知ですか。

一番大きい違いの一つは「旨み」ですが、日本人は「旨み」がある方が好きで、すっきりする韓国キムチを食べると、なんか物足りないと感じるらしいです。それで日本キムチには韓国では使わない材料が結構入っています。その中で一番目に触れたのが「かつお」ですが、日本では一番一般的で愛されている味なので、日本人の口にはぴったりでしょう。

韓国でキムチに入れる海鮮といったら海老の塩辛とカタクチイワシの塩辛が代表的で、暖かい南に行くほど塩辛が沢山使われ旨みも強くなり、味も辛くてしょっぱくなります。こちらの方が日本のキムチと少し似てるかも知れませんね。

私は塩辛をまったく入れないか、少しだけ入れるすっきり・蛋白な味の北の方で育ち、塩辛入りはあまり好きではありません。南の人々はどう思ってるか分かりませんが、私は塩辛が沢山入ってるキムチでチャーハンや豚キムチなどを作るとあまりおいしくないように感じます。

もう一つの大きな違いは酸味と甘みですが、日本キムチは酸味がほとんどなく、甘いです。キムチは本来、甘い食べ物ではありませんが、日本人の中には辛いものが苦手が方々が多いので甘く作るのではないかと思いました。(ただの推測)

韓国キムチは砂糖は入りますが甘くはなく、熟成するほど酸味が増して行きます。この酸味が適当に利いてる時が一番の食べ頃で、キムチ専用の冷蔵庫に保存すると1年でも2年でも美味しく食べることが出来ます。

一般の冷蔵庫ですと1ヶ月ほどでだめになり、ただのおかずとしては食べられなくなります。
しかし、この時期こそまさにチゲやチャーハン、豚キムチを作るのに最も最適な頃です。むしろ熟してないキムチでこのようなメニューに挑戦すると、絶対に!!美味しく出来上がりません。酸味が強すぎると感じる時は砂糖で調整するといいでしょう。

私は今主に母の送るキムチを食べますが、ない時は普通のスーパーで買った日本キムチも食べます。(私はまだキムチが作れない(ノДT))?私の主人も最初は韓国キムチは旨みがないと呟いていましたが、いつも食べてるからか今になってはオンマ(お母さん)のキムチが一番美味しいと言います。一番沢山食べる味に慣れますからね。自分のお母さんの料理が世界一美味しいように。

日本に上陸し、キムチもずいぶん変身をしましたね。いつも食べている日本キムチとは違うの魅力がある韓国キムチを味見したい方は、韓国に行った時に食べるか、日本内韓国食品専門店に行き、韓国風キムチかどうかを確認した上で買ってお召し上がりください。

日本の一般スーパーには絶対にありませんよー。いくら「韓国直輸入」「本場の味」と書いてあっても、日本への輸出のため、すでに日本人の口に合わせて作られているので。

なにはともあれ、韓国のキムチを愛して下さい、ありがとうございます!

 

コメントフォーム